「1回の入院」とは何ですか?

閉じる
入院を2回以上した場合には、入院の理由にかかわらず、1回の入院とみなします。
ただし、退院日の翌日からその日を含めて180日を経過した後に開始した入院については、新たな入院とみなします。詳しくは以下の入院給付金の受取例をご覧ください。

1回の入院とみなされる場合

[例1]あわせて2日間の入院となる場合
たとえば、1日入院して5日分の入院給付金を受け取ったあと(「入院1」)、もう一度1日入院した場合(「入院2」)は、「入院1」と「入院2」をあわせて、2日間の入院とみなします。この場合、「入院1」ですでに5日分の入院給付金をお支払いしているため、「入院2」は給付金の支払対象とはなりません。
[例1]あわせて2日間の入院となる場
[例2]あわせて8日間の入院となる場合
たとえば、2日入院して5日分の入院給付金を受け取ったあと(「入院1」)、もう一度6日入院した場合(「入院2」)は、「入院1」と「入院2」をあわせて、8日間の入院とみなします。そのため、「入院2」に関しては、あわせて8日間の入院のうち、5日分はすでに「入院①」でお支払い済みのため、残りの3日分をお支払いします。
[例2]あわせて8日間の入院となる場合

新たな入院とみなされお支払いの対象となる場合

退院日の翌日からその日を含めて180日を経過した後に開始した入院については、新たな入院とみなします。
新たな入院とみなされお支払いの対象となる場合