ここから本文です

よく分かる「医療保険」

医療保険には「公的」なものと「民間」のものの2種類があります

公的な医療保険とは?

公的な医療保険とは、社会保険(医療保険、介護保険など)の1つであり、病気やケガの治療のため病院にかかったり、入院や手術をするときに、医療費の一部または全額を保障してくれる保険制度です。日本ではすべての国民がこの公的な医療保険に加入することになっており、国民皆保険制度(こくみんかいほけんせいど)と呼ばれます。

どうやって公的な医療保険を使うの?

私たちは、健康保険料を納めています。これにより、基本的には70歳未満の人の医療費は自己負担3割となっています。また、公的な医療保険における制度の一つである「高額療養費制度」により、入院や手術によって1ヶ月の医療費が高額になっても、一定額以上は自己負担しなくてもよいことになっています。

なぜ民間の医療保険が必要なの?

病気やケガで病院にかかるときに、真っ先に保障してくれるのは、健康保険などの公的な医療保険です。しかし、そもそも公的な医療保険がつかえない「差額ベッド代」や、医療費の自己負担分など、病気やケガによる経済的な負担は避けられません。そのため、民間の医療保険をうまく活用して、経済的負担に備えておくことが良いでしょう。

ライフネット生命の終身医療保険は「おすすめコース」ならがんの保障が充実したタイプです!
男性におすすめなのはこちら!
女性におすすめなのはこちら!
終身医療保険 新じぶんへの保険 詳しくはこちら
終身医療保険 新じぶんへの保険レディース 詳しくはこちら

※おすすめコースのみの保障となります

医療費の総額が1ヶ月100万円だとしても、自己負担は8~9万円程度

日本には公的な医療保険制度があるので高額療養費制度により1ヶ月の医療費が高額になっても一定額以上は自己負担する必要がありません。

[図] 医療費の自己負担が小さくなる「高額療養費制度」

民間の医療保険は多種多様です

ちなみに、民間の保険会社が提供する「医療保険」は、保障内容が多種多様です。入院1日ごとに給付金が支払われるものや、がんと診断された場合に一時金が出るものなど、公的な医療保険とは保障の内容が異なります。また、保険期間についても、特定の期間を保障する定期型の医療保険もあれば、一生涯を保障する終身型の医療保険もあります。

入院への備え方

入院給付金日額をいくらに設定したらよいか、目安をご案内します。

がん・先進医療への備え方

がんや先進医療の保障は何を基準に選べばよいのでしょうか。選ぶ際のポイントをお知らせします。

女性の場合の備え方

女性ならではの病気のリスクをわかったうえで、医療保険を選ぶと安心です。

公的な医療保険とのバランスは?

安心して医療を受けられる仕組みがあります。公的な医療保険のことを知っておきましょう。

ライフネット生命の終身医療保険は「おすすめコース」ならがんの保障が充実したタイプです!
男性におすすめなのはこちら!
女性におすすめなのはこちら!
終身医療保険 新じぶんへの保険 詳しくはこちら
終身医療保険 新じぶんへの保険レディース 詳しくはこちら

※おすすめコースのみの保障となります

保険料シミュレーション
  • 保険料シミュレーション
  • 資料請求
  • ライフネット生命のココが知りたい

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

保険料をチェック!

カンタン!10秒であなたの保険料がわかります。

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2016 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.