ここから本文です

第3章 就業不能保障の選び方

長期療養への備え方

  • 死亡保障の選び方
  • 医療保障の選び方
  • 就業不能保障の選び方

第3章 就業不能保障の選び方

長期療養で心配なのは収入が無くなること

病気やケガによって、長期に渡って療養が必要になると収入が無くなってしまうリスクが発生します。
会社員であれば健康保険の傷病手当金を利用できますが、この傷病手当金の給付にも限りがあり、給付が終了してしまった以降も生活のための支払いはずっと続いていきます。

[図]

就業不能保険で、収入源を確保しておきましょう

ライフネット生命の就業不能保険「働く人への保険2」は、病気やケガで長期間の入院や在宅療養をせざるをえない就業不能状態の場合に、所定の給付金を毎月お給料のように受け取ることができる保険です。

長期療養で職を失ったり、仕事を休まざるを得ず、収入が無い状態でも、医療費や家族の生活費をはじめ家族の毎月の支出は続いていきますから、就業不能保険が家計を助けます。

[図] 保険会社からお給料代わりに給付金が毎月支払われるので安心

毎月定額が給付される「就業不能保険」を選びましょう

ライフネット生命の就業不能保険「働く人への保険2」は、就業不能になったときの直近の収入や職業を問わず、契約時に設定した給付金額を毎月受け取ることができます。

「働く人への保険2」の保障イメージ

就業不能状態になった後の65歳までの保障イメージ
  • 就業不能状態となってから60日または180日(申込時にお客さまが選択された期間)は、就業不能給付金のお支払いの対象外です。なお、新たに就業不能状態となった場合は、その都度、支払対象外期間が適用されます。

就業不能状態とは?

就業不能状態とは、病気やケガにより、入院または在宅療養をしている状態をいいます。

なお、「入院」「在宅療養」については、以下の状態に該当することをいいます。

<入院とは>
病気やケガの治療を目的として、日本国内の病院または診療所において入院している状態
<在宅療養とは>
病気やケガにより、医師の指示を受けで在宅療養をしている状態で、必要最小限の外出を除き、自宅等(国内に限ります)で、治療に専念していることをいいます。
  • ただし、梱包や検品などの軽労働または事務などの座業ができる場合は、在宅療養しているとはいいません。
保険料シミュレーション

第3章 就業不能保障の選び方

誰も教えてくれなかった「生命保険の選び方」

  • 死亡保障の選び方
  • 医療保障の選び方
  • 就業不能保障の選び方
  • 保険料シミュレーション
  • 資料請求
  • ライフネット生命のココが知りたい

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

カンタン保険料見積り

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.