ここから本文です

生命保険は、いつ加入しても同じ?

家族が増えたら、死亡保険の必要度がグッと高まります

死亡保険は「万が一のときの、残された家族のための生活保障」のために用意をするものなので、結婚や出産というライフイベントを迎えると、必要性がグッと高まります。

逆に、扶養家族がいない独身のうちは、死亡保険は必要ないといえるかもしれません。死亡整理金などの葬儀代を最低限用意ができれば、問題ないと言えるでしょう。

少しでも保険料を抑えたいなら、若いうちに

保険は必要がなければ焦って入るものではありませんが、もし結婚して配偶者を養っていたり、お子さんが生まれて家族が増えたという場合には、少しでも若いうちに加入しておくことに損はありません。なぜなら、保険料は、契約時の年齢で計算されるので、同じ保障内容でも契約年齢が若ければ若いほど、保険料は安いのです。

また、終身型が主流の医療保険の場合は、若いときの保険料で保障が一生変わらないことを考えると、早めに医療保険に加入しておくことのメリットは大きいと言えます。

保険に入ることを決めたら、誕生日前に手続きを済ませましょう

一般的に生命保険は年齢が上がると、保障内容は同じでも保険料が高くなります。特に誕生日が近い人は、年を取る前後で保険料が変わってしまいますので、加入することを決めたら、誕生日より前に手続きを済ませることをおすすめします。

  • ※ ライフネット生命が販売している保険商品の保険料は、いずれも、申込日の翌月1日時点の年齢で保険料を計算しています。誕生日が近い方には見積り画面に保険料が変更になるタイミングを表示していますので、ご確認ください。
  • ※ 記載の保険料は2016年6月1日現在の保険料で計算しています。

保険は「健康」なうちに

加入にあたって、「健康状態」を問われるのが民間の保険です。ライフネット生命では、健康診断を受けたことがない方でも、簡単な告知だけでお申し込みができるようになっていますが、それでも、病歴などによっては、加入が難しい場合があります。

年を取るごとに、病気になったりケガをしやすくなったり、良好な健康状態を維持することが大変になるので、病気をしてから後悔をしないように、健康なうちに保険を準備しておきましょう。

  • 大切な家族が増えたときが、保険を検討する一番のタイミングです
  • 保険料は年齢が若いと安いので、負担を抑えたい場合は、若いうちに入りましょう
  • 病歴などによって加入が難しくなる場合があるので、健康なうちにご用意を
保険料シミュレーション
  • 保険料シミュレーション
  • 資料請求
  • ライフネット生命のココが知りたい

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土曜日9時~18時(年末年始、日曜、祝日は除く)

保険料をチェック!

カンタン!10秒であなたの保険料がわかります。

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2016 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.