このコンテンツのサブメニューです

ここから本文です

コツがある保険の見直し

1.「特約」は本当に必要ですか?

結婚したときに入った保険がずっとそのままになっていませんか?
独身のときに、なんとなく入った保険をほったらかしにしていませんか?

ずっと同じ保険に入っている場合は、まずはそこに疑問を持ちましょう。ご自身のニーズと照らし合わせて保険を考えることが、見直しの一歩です。

その特約は必要ですか?

保険には主契約と特約(オプション)がありますが、主契約に様々な特約を追加して保険を設計されている方も多いのではないでしょうか。この特約部分を見直すことが最初の一歩です。

[図]
主契約 保険における基本保障の部分です。基本的にはこれだけでも契約可能です。
特約 保険におけるオプション部分です。特約だけの契約はできません。
主契約がなくなれば特約部分の保障も失います。

公的な医療保険では備えられない部分に着目しましょう

医療の保障を考えるときは、「公的な医療保険制度」があることを前提に検討しましょう。

そもそも、公的な医療保険制度により、医療費の自己負担は3割程度におさえられています。たとえ入院などして3割部分が高額になっても、「高額療養費制度」があるので、安心です。

あれもこれもと保障を細分化した特約をつけなくても、これらの経済的負担に備えられれば安心です。

現在ご契約されている保険契約の解約を前提に、新たな保険契約の申込を検討される場合には、下記の点にご注意ください。

  • 現在ご加入の契約を解約した場合、ご加入からの経過年数によっては解約控除などが適用され、多くの場合、解約返戻金は払込保険料の合計額より少ない金額となります。
  • お客さまの健康状態などにより、新たなご契約の引き受けをお断りさせていただく場合がございます。
  • 一度解約した契約を元の状態に戻すことはできませんので、乗り換えを行う際には、新たな保険契約のお引き受けの結果が判明した後に手続きを行ってください。
次は、保険料が安い保険会社をチョイスをチェック

コツがある保険の見直し

ライフネット生命のヒミツ。ライフネット生命ってどんな会社?
誰も教えてくれなかった「生命保険の選び方」。商品ごとの保障内容の決め方もご案内しています。

このコンテンツのサブメニューです

  1. >あなたにぴったりの保険選び
  2. :「特約」は本当に必要ですか? | コツがある保険の見直し

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

カンタン保険料見積り

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.