ここから本文です

第2章 医療保障の選び方

1.入院への備え方

  • 死亡保障の選び方
  • 医療保障の選び方
  • 就業不能保障の選び方

入院給付金日額の選び方

入院給付金は1日あたり8,000円~10,000円がおすすめです

入院給付金日額を8,000円にすると、入院中の差額ベッド代をまかなうことができます

差額ベッド代 1日あたりの平均徴収額(推計)

入院給付金日額を10,000円に設定すると、入院1日あたりの自己負担分をまかなうことができます

1ヶ月入院した場合の1日あたりの自己負担額
  • ※11ヶ月の医療費総額が100万円かかった場合の高額療養費制度適用後の自己負担額
    1ヶ月あたりの自己負担額  80,100円+(100万円-26万7千円)×1%=87,430円
    1日あたりの自己負担額   87,430÷30日=2,914円
  • (注)上記は、被保険者の年収約370万~約770万円の方の場合です。
    なお、被保険者の年収等によって医療費の自己負担限度額が異なります。
  • ※2出典:厚生労働省「第282回中央社会保険医療協議会総会資料」(2014年9月10日)
  • ※3公的医療保険の入院時食事療養費による1日の標準負担額より(一般所得の場合)

ライフネット生命の終身医療保険は入院給付金日額を選べます

終身医療保険 新じぶんへの保険 詳しくはこちら
終身医療保険 新じぶんへの保険レディース 詳しくはこちら

日帰り入院などの短期入院もしっかり保障するタイプが
おすすめ!

医療技術の進歩などにより、入院期間は短期化傾向にあります。特に、日帰り入院をふくむ5日以内の退院は年々増加中。日帰り入院だけをみても、15年で2倍に!たとえ短い期間とはいえ、急な入院などであわてずに済むよう、日帰り入院からしっかり保障される医療保険が安心です。

入院期間について

入院期間グラフ

出典:厚生労働省 平成23年患者調査

5日以内に退院する人が増えています!

5日以下の短期入院患者数の推移

出典:厚生労働省 患者調査

ライフネット生命の終身医療保険は日帰り入院にも対応!短期入院も手厚く保障します

終身医療保険 新じぶんへの保険 詳しくはこちら
終身医療保険 新じぶんへの保険レディース 詳しくはこちら

日帰り入院(入院日と退院日が同一の入院)から保障されるため、短期入院のときも
安心です。入院が5日以内の場合は、一律5日分の入院給付金を受け取れます。

入院が長期化する場合の保障があるとさらに安心

がん・心疾患・脳血管疾患といった3大生活習慣病は、身近な病気であるとともに、入院の長期化が懸念されます。そこで、がん・心疾患・脳血管疾患での入院について「支払日数に制限がない」タイプの医療保険に加入しておくと安心です。

日本人の死亡原因の割合

日本人の死亡原因の割合

出典:厚生労働省 平成25年「人口動態統計」より

3大生活習慣病の平均在院日数

3大生活習慣病の平均在院日数

出典:厚生労働省 「平成23年患者調査」より

  • 9月1日~30日に退院した患者を対象としたもの
  • 宮城県の石巻医療圏、気仙沼医療圏および
    福島県を除いた数値

ライフネット生命の終身医療保険はおすすめコースを選んだら3大生活習慣病での入院は、支払限度日数が無制限に!

終身医療保険 新じぶんへの保険 詳しくはこちら
終身医療保険 新じぶんへの保険レディース 詳しくはこちら

約款所定の3大生活習慣病の場合、1回の入院における支払限度日数が無制限となります。
※おすすめコースのみの保障となります

保険料シミュレーション

誰も教えてくれなかった「生命保険の選び方」

  • 死亡保障の選び方
  • 医療保障の選び方
  • 就業不能保障の選び方
  • 保険料シミュレーション
  • 資料請求
  • ライフネット生命のココが知りたい

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

カンタン保険料見積り

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.