ライフネット生命保険株式会社
0120-205566。受付時間:平日9時~20時、土日祝9時~18時(年末年始除く)※日・祝は保険相談のみの受付となります。

定期療養保険「じぶんへの保険」プラス

ライフネット生命の「じぶんへの保険プラス」は、
どんな保険ですか?

がん・先進医療を保障し、医療費の自己負担をカバーする
定期型の医療保険
です。
給付金は、がん治療給付金、先進医療給付金、入院療養給付金、外来療養給付金の4つを用意しました。

※「じぶんへの保険プラス」と「じぶんへの保険3」「じぶんへの保険3レディース」のおすすめコースの2つのご契約を同時に持つことはできません。

ライフネット生命 加藤

ポイント1。がんの給付金は一時金で100万円一括で受け取れるので安心です

がんになった際の経済的な心配を少しでも軽減できるよう、はじめてがんと診断されたときに、がん治療給付金として一時金100万円を受け取れるしくみです。

がん治療給付金は、給付金の支払事由の発生から、1年を経過した日の翌日以後、がん治療(手術放射線治療抗がん剤治療)を受けたときにも受け取れます。

がん治療給付金を受け取るタイミング
はじめてがんと診断されたとき100万円を受け取れます。がん治療を受けたとき(再発、転移などを問いません)に、100万円を受け取れます。※「がん治療」とは手術、放射線治療。抗がん剤治療が該当します。
一時金の100万円の用途は自由です!がんの治療全般に。治療中の生活費の補てんに。術後のケアに
注意事項
  1. がんに関する保障

    責任開始日から90日以内にがんと診断されたときは、がん治療給付金をお受け取りいただけません。

  2. 給付金の支払限度額について

    「じぶんへの保険プラス」の給付金には支払限度があります。保険期間を通じて、入院療養給付金、外来療養給付金、がん治療給付金および先進医療給付金を通算し、2,000万円です。

その他にも、ご注意いただきたいポイントがあります。商品詳細ページで詳しくご案内していますので、そちらを必ずご覧ください。

商品詳細はこちら

ページの先頭へ戻る

ポイント2。先進医療にも対応!健康保険などでまかなえない「技術料」をカバー

いざというときは、「金額が高いからといって治療を諦めるのではなく、手を尽くしたい」と思うのが自然な気持ちです。
そんなときのために、先進医療の「かかった技術料と同額」を保障します。

先進医療は全額自己負担。だから、
先進医療の技術料同額をお支払いします。

患者申出療養による治療は、先進医療給付金の支払対象となりません

先進医療給付金については、商品詳細ページで詳しくご案内しています。お申し込みの前に必ずご覧ください。

商品詳細はこちら

ページの先頭へ戻る

ポイント3。入院とその前後の通院も「自己負担」部分を保障します!

入院やその前後の通院においてかかった医療費を補えるのが、じぶんへの保険プラスの入院療養給付金外来療養給付金です。
入院療養給付金は、入院日数に制限はありません。医療費の「自己負担分相当」について、1ヶ月10万円を上限としてお支払いします。

入院療養給付金と外来療養給付金については、商品ページでさらに詳しくご案内しています。お申し込みの前に必ずご覧ください。

商品詳細はこちら
入院療養給付金と外来療養給付金の保障範囲
外来診療→入院→治療→退院→外来診療

入院療養給付金、外来療養給付金の支払額には上限があり、外来療養給付金のみで1ヶ月(1日~末日)あたり5万円、入院療養給付金と外来療養給付金を合算して1ヶ月(1日~末日)あたり10万円です。

ページの先頭へ戻る

公的な医療保険が適用されない医療費を自分自身で支払うこと、またその医療費自体を指します(差額ベッド代など、公的な医療保険が適用されない費用は除きます)。病気やケガをした場合、医療機関へ 「保険証」を提示すれば、外来・入院にかかわらず医療費の3割~1割の自己負担で治療が受けられます。また、ひと月に、医療機関の窓口で支払った自己負担額が高額になった場合は「高額療養費制度」を使うことができます。

詳しくは「医療保険に入る前に公的制度をチェック!」の記事をご覧ください

ここでいう「手術」とは、がんの治療を直接の目的とした診療行為のことをいいます。支払いの対象となる手術ついては、定期療養保険「じぶんへの保険プラス」約款の「がん治療給付金の支払い」の項目をご覧ください。

「じぶんへの保険プラス」約款

ここでいう「放射線治療」とは、がんの治療を直接の目的として放射線を照射することです。具体的には、公的医療保険制度における「診療報酬点数表」に放射線治療料の算定対象として挙げられている診療行為のことを指します。ただし、体外照射・組織内照射・腔内照射に限り、血液照射は除きます。また、電磁波温熱療法を含みます

ここでいう「抗がん剤治療」とは、投薬または処方された時点で、がんを適応症として厚生労働大臣により承認されている薬剤を投与することにより、がんを破壊またはこれの発育・増殖を抑制することを目的とした治療法のことをいいます(ホルモン療法を含みます)。
抗がん剤治療の定義については、定期療養保険「じぶんへの保険プラス」約款の「がん治療給付金の支払い」の項目をご覧ください。

「じぶんへの保険プラス」約款

先進医療とは、厚生労働大臣が定めた公的医療保険と併用できるもののみをいい、医療技術や医療機関、対象となる傷病には一定の制限があります。

病気またはケガの治療目的で1泊以上の入院療養を受けた場合に、受け取れる給付金のことです。計算方法は、公的医療保険の対象となる入院療養にかかわる診療報酬点数×3円(自己負担相当額)となります

入院療養給付金の対象となる入院において、入院前30日間、退院後90日間に外来療養(日帰り入院を含む)を受けた場合に、受け取れる給付金のことです。計算方法は、公的医療保険の対象となる外来療養にかかわる診療報酬点数×1.5円(医療費の自己負担相当額の半額)となります。ただし、治療や処置を伴わない薬剤などの購入・受取においては給付の対象となりません。

医療機関や薬局の窓口で支払った額(※)が、1ヶ月(暦月で計算するため、月初から末日まで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する健康保険や国民健康保険などの制度です。
※入院時の食費負担や差額ベッド代等は含みません。

詳しくは「高額な医療費の負担を抑える公的制度とは?」の記事をご覧ください

先進医療を受けた際、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院料等)の費用は一般の保険診療と同様に扱われ、公的医療保険の対象となります。しかし「先進医療にかかる技術料」については、全額が患者の自己負担となります。

病気やケガの治療のため病院にかかったり、入院や手術の際に、医療費の一部または全額を保障してくれる保険制度のことです。健康保険や国民健康保険などが該当します。