就業不能保険働く人への保険2

オリコン顧客満足度2019

30歳 男性 保険料例

1,896

就業不能給付金月額:10万円
支払対象外期間180日 / 標準タイプ(A型)
保険期間・保険料払込期間:65歳

保険料見積りはこちら

2019年オリコン顧客満足度調査ファイナンシャルプランナーが選ぶ
「就業不能・所得補償型保険ランキング」総合第1位

就業不能保険「働く人への保険2」の特長

就業不能保険とは?

病気やケガで働けない状態(所定の就業不能状態)が長く続いた場合、傷病手当金や障害年金といった公的保障だけでは十分にカバーできない長期の収入減少に備えるのが就業不能保険です。

長期間働けなくなると
「収入減少」「支出増加」が大きな負担に!

休職・退職による収入の減少により、収支のバランスが崩れるかもしれません

公的な保障があっても、生活費は足りないことも
日々の生活費への備えが必要になるかもしれません

*1 厚生労働省「平成26年国民生活基礎調査」世帯収入の中央値

*2 厚生労働省「平成26年 年金制度基礎調査(障害年金受給者実態調査)」世帯収入の中央値

※「働く人への保険2」の支払要件は障害年金の受給要件とはことなりますのでご注意ください。

就業不能給付金の月額を20万円に設定した場合

所定の就業不能状態とは?

入院している状態はもちろん、医師の指示により自宅等で療養をしており、外出が通院等に制限されているような状態が就業不能状態に該当します。

入院している状態

病気やケガの治療を目的として、日本国内の病院または診療所において入院している状態。

在宅療養している状態

病気やケガにより、医師の指示を受けて、日本国内の自宅等で、軽い家事および必要最小限の外出を除き、治療に専念している状態。
ただし、梱包や検品などの軽労働または事務などの座業ができる場合は、在宅療養をしているとはいいません。

所定の就業不能状態が支払対象外期間を超えて継続した場合に、給付金が請求できます。

  • 給付金のお支払いは支払対象外期間(60日または180日)を超えて所定の就業不能状態が継続する場合に、保険期間満了までお支払いが続きます。

  • 所定の就業不能状態に該当しなくなった場合、就業不能給付金のご請求は対象外となります。
  • 被保険者が死亡した後は、いかなる場合でも就業不能状態とはいいません。
  • 「うつ病」などの精神障害が原因の場合や、「むちうち症」や「腰痛」などで医学的他覚所見がみられない場合は、お支払いの対象外です。
  • 就業されていた元のお仕事(現職)に復帰することができない場合に、給付金が支払われるわけではありません。

1働けなくなったときの生活費を
毎月お給料のようにサポート

収入や備えたい目的に合わせて給付金額を設定できます

2016/7/1~2018/5/1に、「働く人への保険2」をご契約いただいた方のデータから

主婦・主夫も入れますか?

高度障害状態になったときは、まとまった一時金が支払われます!

2職業や収入、備えたい目的に合わせて
給付金の受け取り方を選べます!

会社員と自営業では、働けなくなったときの公的保障がことなります。職業や収入に合わせて、就業不能給付金の受け取り方を選べます。

給付金の支払対象外期間を設定できます

所定の就業不能状態になった日から60日もしくは180日(お申し込み時に選択)のことをいい、この期間は就業不能給付金の保障の対象外です。就業不能給付金は、所定の就業不能状態が支払対象外期間を超えて継続していると診断された場合に請求いただけます。

給付金の受け取り方を選べます!

給付開始から一定期間を満額か半額か受け取り方を選択

就業不能状態・給付金のお支払いについて

  • 標準タイプ(A型)において、新たに就業不能状態となった場合は、その都度、「支払対象外期間」が適用されます。
  • ハーフタイプ(B型)において、新たに就業不能状態となった場合は、その都度、「支払対象外期間」「支払削減期間」が適用されます。
  • 所定の就業不能状態に該当しなくなった場合、給付金のお支払いは止まります。

3就業不能給付金の給付実例をチェック

ライフネット生命の就業不能保険の支払条件は、就業不能状態が継続していることです。特定の病気やケガに限定していないことがポイントです。

年代別「就業不能給付金」の給付実例

健康診断書が不要となる年齢・保険金額

就業不能状態・給付金のお支払いについて

  • 上記の例は、2018年9月末時点の就業不能保険「働く人への保険」(2016年5月31日販売終了)よおび「働く人への保険2」のお支払い実績です。就業不能給付金の支払い対象は、新商品・旧商品ともに同様です。
  • 「働く人への保険2」は特定の傷病や治療を保障の対象としているものではありません。
  • 実例と同一の傷病であっても、支払いの対象外となる場合があります。
  • 実例は、支払実績の一部を掲載しています。実際の支払件数は「保険金等の支払状況」をご覧ください。
    保険金等の支払状況

保障内容・詳細について見る

次へ進む

まずは見積りトライ!

無料で10秒見積り

就業不能保険のおすすめ加入例

会社員の方は、有給休暇や公的保障の「傷病手当金」「障害年金」をふまえた合理的なプランがおすすめです。

このプランで見積り

自営業の方は、公的保障の「傷病手当金」がないため、満額受け取れる「標準タイプ」で支払対象外期間は短い60日タイプがおすすめです。

このプランで見積り

注意事項

  • 就業不能給付金のお支払いは、傷病手当金・障害年金と連動するものではありません。
  • ハーフタイプは、就業不能状態から541日目に就業不能給付金の満額をお支払いするものではありません。540日経過後の最初の契約応当日に、就業不能給付金の満額をお支払いします。

就業不能保険のお申し込み前に
ご確認ください

  • この保険には「満期保険金」や「配当」、「解約返戻金」はありません。
  • 健康状態や職業によっては、審査の結果、加入できないことがあります。
  • 保険料は支払わなければならない月を含めて3ヶ月以内にお支払いください。期限内にお支払いいただけない場合は、保険契約が失効します。
  • 保険料が未払いで契約が失効してしまうと、契約を元に戻すこと(復活)ができません。
  • ここでの説明は、あくまでも概要です。必ず「ご契約のしおり」と「約款」をご確認ください。
    就業不能保険「働く人への保険2」ご契約のしおり・約款(PDF)

まずは見積りトライ!

無料で10秒見積り

ご契約者さまから高く評価いただいています!

ライフネット生命について95%のご契約者さまが満足と回答しています

※2019年3月 ご契約者さまアンケートより(回答数:1366件)

ライフネット生命の保険商品

万が一に備える

定期死亡保険「かぞくへの保険」商品案内

病気やケガ、がんに備える

就業不能状態に備える

就業不能保険「働く人への保険2」商品案内