就業不能保険「働く人への保険」保障内容

←「働く人への保険2」トップに戻る

保障内容について

もくじ

基本保障

就業不能給付金

病気やケガにより所定の就業不能状態になったときに一定額の給付金をお支払います。

就業不能状態とは?

高度障害給付金 病気またはケガで所定の高度障害状態になった場合は、高度障害給付金を支払い、保険料の払い込みを免除します。

就業不能給付金について

設定可能な給付金月額

10万円~50万円まで(5万円単位で設定可能)。

お申し込み時点の年収などによって、就業不能給付金月額に上限があります。詳しくは以下をご確認ください。

お申し込みいただける就業不能給付金月額の上限

就業不能保険をお申し込みいただける方

就業不能保険「働く人への保険2」は、安定した勤労所得のある方と主婦・主夫の方のみお申し込みいただけます。

学生、年金生活者、資産生活者、無職などに該当される方はお申し込みいただけません。また、年収100万円以下の方(主婦・主夫は除きます)もお申し込みができませんので、あらかじめご了承ください。

高度障害給付金について

高度障害給付金 就業不能給付金月額×10
※ 高度障害給付金の給付は保険期間を通じて1回です。
保険料払込免除 高度障害給付金の支払事由に該当した場合、将来の保険料の払い込みを免除します。

契約可能年齢と保険期間

契約可能年齢 20歳以上、60歳以下
保険期間

55歳満了、60歳満了、65歳満了、70歳満了

年齢によってお選びいただける保険期間が異なります

支払対象外期間について

設定できる
支払対象外期間

就業不能状態となってから

60日、180日

就業不能状態となってから60日または180日(申込時にお客さまが選択された期間)は、就業不能給付金のお支払いの対象外です。

※ 新たに就業不能状態となった場合は、その都度、支払対象外期間が適用されます。

就業不能給付金の受け取り方について

保障範囲

就業不能給付金の受け取り方は、以下の2種類から選べます。

標準タイプ(A型)
ハーフタイプ(B型)
  • 標準タイプ(A型)において、新たに就業不能状態となった場合は、その都度、「支払対象外期間」が適用されます。
  • ハーフタイプ(B型)において、新たに就業不能状態となった場合は、その都度、「支払対象外期間」「支払削減期間」が適用されます。
  • 所定の就業不能状態に該当しなくなった場合、給付金のお支払いは止まります。
←「働く人への保険2」トップに戻る

注意事項

  • Android OSのスマートフォンをご利用の方は、以下のリンクから、ADOBE READERをダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

←「働く人への保険2」トップに戻る