がんになったら給付金がもらえるの?

がんの診断・治療に一時金をお支払いします

「おすすめコース」の場合、がん治療給付金として「入院給付金日額×100倍」をお支払いします。なお、支払限度は、保険期間を通じて5回までです。

はじめて「がん」と診断されたら

はじめて「がん」と診断※されたら、入院給付金日額の100倍を「がん治療給付金」として一時金を受け取れます。

(図)

※責任開始日から90日より後に、日本の医師または歯科医師の資格を持つ者により、がん責任開始前を含めてはじめてがんと診断されたとき

長期に渡るがん治療も安心!

初回のがん治療給付金を受け取ってから1年を経過して、がんの治療※を受けたとき、入院給付金日額の100倍を「がん治療給付金」として一時金を受け取れます。

(図)

※がん治療とはがんを直接の原因とした、約款所定の、手術、放射線治療、抗がん剤治療のことで、入院、通院どちらでもがん治療に該当します。なお、再発や転移の場合でも治療を受けたときはお支払いの対象となります。