ここから本文です

ニュースリリース 2017年

LGBT当事者の意識調査~いじめ問題と職場環境等の課題~

2017年3月23日

各位会 社 名    ライフネット生命保険株式会社
代表者名     代表取締役社長:;岩瀬 大輔
  (証券コード:7157 東証マザーズ)

宝塚大学看護学部日高教授への委託調査

 ライフネット生命保険株式会社(URL:http://www.lifenet-seimei.co.jp/ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩瀬大輔)は、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー等のセクシュアルマイノリティ(以下、LGBT)に関する調査を宝塚大学看護学部日高庸晴教授に委託しました。日高教授が2016年7月15日~10月31日の期間、LGBT当事者約1万5,000名を対象に実施した「LGBT当事者の意識調査」の結果について、その概要をお知らせします。

ライフネット生命は2015年11月4日に、同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定可能とする取り扱いを開始しました。これを受けて、新たな保険申し込みをお受けしているほか、既存のご契約者さまからの受取人変更のお申し出もいただいています。また、この取り扱いに関して全国各地から反響やお問い合わせが続いています。

ライフネット生命は、サービス提供者としてLGBTの意識やライフスタイル等に関してより深く理解するとともに、サービス改善や当社が取り組んでいるダイバーシティーの啓発活動等に役立てる目的で、このたび日高教授に調査を委託したものです。なお、当社は調査結果の発表にあたって、個人情報保護の観点から、調査結果解析後のデータの一部を使用しています。

調査結果概要

■LGBT当事者の意識 「いじめ問題」と「職場環境」に課題あり

  • 当事者全体の約6割が「学校生活(小・中・高校時代)においていじめ被害を経験」
  • 学校教育において「同性愛について一切習っていない」が全体の約7割。年代別で見ると10代が「習っていない」と回答した率が一番低かった。一方で「異常なものとして習った」「否定的な情報を得た」との回答あり
  • 「いじめにあっていた時、先生は解決に役立ってくれたと思う」は全体の13.6%にとどまる。10代では19.9%、年代が高くなるにつれて低くなり、50歳以上では6.8%
  • カミングアウト率は「親に対して」が22%、「職場や学校」では27.6%。都市部の方がよりカミングアウトの率が高い傾向あり。職場や学校での差別的発言は7割以上が経験
  • 「LGBTフレンドリーな会社の商品をより積極的に買う」は6割以上
  • 若年層ほどパートナーとの結婚パーティーや披露宴開催の意向が強い
  • 「(現在)付きあっている人を生命保険の受取人に指定したい」は約4割

※調査データは、宝塚大学看護学部日高教授発表資料をご参照ください。

本リリース内容の転載に際しては、「宝塚大学看護学部日高教授LGBT当事者の意識調査(ライフネット生命委託調査)」とご記載ください。詳細は4月上旬をめどにhttp://www.gay-report.jp/2016/に掲載予定です。

ライフネット生命について
URL : http://www.lifenet-seimei.co.jp/

 ライフネット生命保険は、相互扶助という生命保険の原点に戻り、「正直に経営し、わかりやすく、安くて便利な商品・サービスの提供を追求する」という理念のもとに設立された、インターネットを主な販売チャネルとする新しいスタイルの生命保険会社です。インターネットの活用により、高い価格競争力と24時間いつでも申し込み可能な利便性を両立しました。徹底した情報開示やメール・電話・対面での保険相談などを通じて、お客さまに「比較し、理解し、納得して」ご契約いただく透明性の高い生命保険の選び方を推奨し、「生命(いのち)のきずな=ライフネット」を世の中に広げていきたいと考えています。

お問い合わせ先

このニュースリリースに関するご質問などは、お問い合わせフォームよりお送りください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. >ニュースリリース 2017年
  2. :LGBT当事者の意識調査~いじめ問題と職場環境等の課題~

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

カンタン保険料見積り

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.