ここから本文です

ニュースリリース 2014年

ライフネット生命保険 豊通保険パートナーズを通じ クラウドワークスのフリーランスへ保険加入機会を提供

2014年11月5日

各位会 社 名    ライフネット生命保険株式会社
代表者名     代表取締役社長兼COO  岩瀬 大輔
  (コード番号:7157 東証マザーズ)

会社員に比べセーフティネットが不十分なフリーランスへ保険加入機会を提供し、
安心して社会で活躍できる環境づくりを支援

ライフネット生命保険株式会社 (URL:http://www.lifenet-seimei.co.jp/ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼COO:岩瀬大輔)は、保険代理店大手の豊通保険パートナーズ株式会社(本社:愛知県名古屋市、取締役社長:松下剛)と代理店契約を締結し、フリーランスなどのお客さまに向けた保険加入機会の提供を開始します。

その第一弾として、2014年11月5日より、株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉田浩一郎)が提供するクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」に登録するフリーランス23万人へ、イントラネット(会員ページ)を通じた保険商品販売を開始したことをお知らせします。

■ 背景:傷病手当金、団体保険などのセーフティネットが不十分なフリーランスに対する保障の提供を目指して

多様な働き方が認められつつある昨今、特定の企業や団体、組織に専従せずに働くフリーランス(個人事業主・自由業)という新たな働き方が増加傾向にありますが、一方でフリーランスは、「傷病手当金」「厚生年金」などの保障がないことに加え、一般的に大手企業グループや官公庁に福利厚生制度として導入されている「団体保険(従業員・家族を対象とした割安な保険制度)」も、フリーランスなどの個人には適用できないなど、会社員などに比べセーフティネットが乏しいという課題が存在します。

今回の取り組みは、そのようなセーフティネットが不十分なフリーランスの支援を目的として、保険代理店大手で団体保険の運営ノウハウを保有する豊通保険パートナーズと提携し、フリーランス向けに保険サービスの提供を開始するものです。

■ サービス内容:クラウドワークスに登録のフリーランス23万人へ保険加入機会を提供

フリーランスの「仕事」「教育」「保障」を支援する日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」に登録する188業種、23万人のフリーランスへの福利厚生サービスとして、イントラネット(会員ページ)を介してお手頃な保険料である当社保険商品への加入機会を提供します。また、豊通保険パートナーズによるフリーランス向けのお金や保険のセミナーを開催し安心して仕事に向き合っていただくための環境づくりを支援してまいります。

クラウドワークスに登録のフリーランス23万人へ保険加入機会を提供

■ 働き方の多様化。増加傾向にあるクラウドソーシングサイト会員数

中小企業庁(経済産業省)の調査によると、日本国内におけるクラウドソーシングサイト会員数は、近年増加傾向にあります。これまで相対的に情報弱者であった個人が、インターネットの普及によりさまざまな情報を取得活用できるようになったことで、企業や団体、組織に所属しなくとも、個人として働くことで収入を得るフリーランスという新たな働き方が広まりつつあります。

クラウドソーシングサイト会員数の推移

■ 会社員に支給される公的保障「傷病手当金」は、フリーランスには適用外

病気やケガによって長期に渡って療養が必要になると収入が無くなってしまうリスクが発生します。会社員であれば健康保険の傷病手当金で最長1年6ヶ月の間保障されますが、フリーランスには傷病手当金が適用されず、ご自身で就業不能リスクへ備える必要があります。病気やケガによる長期療養で仕事を休まざるを得ず収入がない状態でも、医療費や家賃、生活費など毎月の支出は続くため、フリーランスは特に就業不能リスクへの備えが必要です。

就業不能状態になったときの収入と支出のイメージ

■ 企業などの福利厚生制度として導入される「団体保険」は、フリーランスには適用外

団体保険は、勤務先を通じて加入する生命保険で、企業や団体の複数の人が同じ保障期間の保険をまとめて契約する制度の保険です。企業グループや官公庁に福利厚生制度として導入されており、従業員・家族を加入対象とした割安な保険制度で、一般的に個人保険に加入するよりも割安で加入できることにメリットがあります。

一方で、一般的に団体保険は、退職等により企業や団体から脱退すると保障は継続しない仕組みとなっているため、例えば企業を退職する場合は改めて別の保険を検討する必要があります。また、団体保険は企業や団体向けの保険制度であるため、フリーランスなどの個人には適用されません。

インターネットを主な販売チャネルとすることで、「子育て世代の保険料を半分にして、安心して赤ちゃんを産み育ててほしい」という思いで開業した当社と、豊通保険パートナーズは、以上のようなセーフティネットの不十分なフリーランスへ当社のお手頃な保険料の保険商品を提供することで、個人が安心して仕事に向き合える環境づくりを支援してまいります。

<参考資料:フリーランスの働き方とお金に関する調査>

ライフネット生命保険株式会社は2014年10月20日~21日、20~49歳の男女フリーランス・正社員1,000名(フリーランス500名、正社員500名)を対象に、「フリーランスの働き方とお金に関する調査」をモバイルリサーチで実施しました。その結果概要をご紹介します。

■フリーランスに聞いた、会社員と比べて“不安”だと思うこと

  • 1位「収入が不安定」、2位「病気やケガの保障が少ない」、3位「仕事を失うリスク」
  • フリーランスの2人に1人が、「病気やケガの保障が少ないことが不安」と回答

フリーランス(500名)に、現在の仕事環境について会社員と比べて不安だと思うことを聞いたところ、もっとも多かったのは「収入が安定しづらい」(70.8%)で7割、次いで「病気やケガに対する保障が少ない」(55.6%)が5割半、「突然仕事を失うリスク」(39.2%)が4割で続きました。収入の不安定さに次いで、病気やケガなど、万が一の際のリスクに関して不安を感じている方が多いことがわかりました。

フリーランスに聞いた、会社員と比べて“不安”だと思うこと

■保険加入率に、フリーランスと正社員で違いは?

  • フリーランスの保険加入率は正社員に比べ低い傾向

フリーランスと正社員(各500名)に対し、保険に加入しているかを聞いたところ、「加入している」割合は、≪死亡保険≫ではフリーランス5割(51.0%)、正社員6割(58.0%)、≪医療保険≫ではフリーランス6割(63.2%)、正社員6割(66.2%)、≪就業不能保険≫では双方1割(ともに8.6%)となり、死亡保険や医療保険では、フリーランスの加入率が正社員に比べて低い傾向が出ています。また、「いずれの保険にも加入していない」はフリーランスで2割半(27.2%)、正社員で2割(22.4%)となりました。

保険加入率に、フリーランスと正社員で違いは?

■フリーランスが保険に加入していない理由

  • 保険に加入しない理由1位は「お金に余裕なし」

では、なぜ保険に加入していないのでしょうか。それぞれの保険に加入していない方に、加入していない理由を聞いてみたところ、いずれの保険においても、フリーランスの加入していない理由の1位は「お金に余裕がない(保険料が支払えない)から」という結果となり、その割合はフリーランスのほうが高い結果となりました。

フリーランスは、“会社員と比べて不安だと思うこと”として、「収入の不安定さ」を挙げている方が7割(70.8%)となっていたこともあり、金銭的な問題が保険加入への障壁と考えられます。

フリーランスが保険に加入していない理由

保険代理店:豊通保険パートナーズ株式会社
URL : http://www.tip-net.com/

豊通保険パートナーズ(豊田通商株式会社の100%子会社の生損保代理店)は、年間取扱保険料が約562億円であり、国内トップクラスの代理店です。企業経営に関わる大規模なリスクから、企業の従業員一人ひとりに対するリスクまで、幅広いリスクマネジメントノウハウに強みを持ち、お客様サービス向上を目指すとともに、豊田通商グループとして社会貢献できる付加価値の高いビジネスの推進に努めていきます。

制度導入会社:株式会社クラウドワークス
URL : http://crowdworks.jp/

クラウドワークスは、「21世紀のワークスタイルを提供する」をミッションとして展開する日本最大級のクラウドソーシングサービス『クラウドワークス』(http://crowdworks.jp/)の運営会社です。クラウドワークスは「地域活性化」「女性の新しい働き方を支援する」「海外展開」という3つのテーマで事業を展開しており、登録された仕事の予算総額は160億円を突破。利用クライアントは上場企業を始めとする42,000社に加え、経済産業省、総務省、国土交通省、外務省など政府4省を筆頭として約20の都道府県・地方自治体なども活用。サービスの登録会員は188業種・23万人に達しており、ITビジネスからモノづくりまで、在宅での仕事が可能な大半の職務領域をカバーする、日本を代表するクラウドソーシングサービスに成長しております。

引き受け保険会社:ライフネット生命
URL : http://www.lifenet-seimei.co.jp/

ライフネット生命保険は、相互扶助という生命保険の原点に戻り、「正直に経営し、わかりやすく、安くて便利な商品・サービスの提供を追求する」という理念のもとに設立された、インターネットを主な販売チャネルとする新しいスタイルの生命保険会社です。インターネットの活用により、高い価格競争力と24時間いつでも申し込み可能な利便性を両立しました。徹底した情報開示やメール・電話・対面での保険相談などを通じて、お客さまに「比較し、理解し、納得して」ご契約いただく透明性の高い生命保険の選び方を推奨し、「生命(いのち)のきずな=ライフネット」を世の中に広げていきたいと考えています。

お問い合わせ先

このニュースリリースに関するご質問などは、お問い合わせフォームよりお送りください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. >ニュースリリース 2014年
  2. :ライフネット生命保険 豊通保険パートナーズを通じ クラウドワークスのフリーランスへ保険加入機会を提供

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土曜日9時~18時(年末年始、日曜、祝日は除く)

保険料をチェック!

カンタン!10秒であなたの保険料がわかります。

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2016 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.