ここから本文です

ニュースリリース 2010年

2010 FIFAワールドカップとキャプテン翼に関する意識調査

2010年4月27日

2010 FIFAワールドカップ「ベスト4」以上の成績予想は5.6%
サッカー経験者は60.9%が「一次リーグ敗退」と予想
期待の選手「中村」「本田」「稲本」サッカー経験者は特に「本田圭佑」に期待
優勝国予想 本命は「ブラジル」サッカー経験者は「スペイン」「アルゼンチン」に期待
「キャプテン翼」の影響 30代サッカー経験者の6割が影響を受けた
今の日本代表に欲しいキャラクター「大空翼」「日向小次郎」
サッカー芸人 ナンバーワンは「ワッキー」、続いて「木梨憲武」「矢部浩之」

 インターネットを活用して新しい生命保険サービスを提供するライフネット生命保険株式会社(URL:http://www.lifenet-seimei.co.jp/ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長 出口治明)2010年3月24日~3月26日の3日間、全国の20歳から39歳の男性に「2010 FIFAワールドカップとキャプテン翼に関する意識調査」をモバイルリサーチで実施、1,000名の有効回答を得ました。

調査概要

■ 調査タイトル2010 FIFAワールドカップとキャプテン翼に関する意識調査
■ 調査対象ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員を母集団とする
20~39歳の男性 1,000名
■ 調査期間2010年3月24日~3月26日
■ 調査方法モバイルリサーチ
■ 調査地域全国
■ 有効回答数1,000サンプル
■ 実施機関ネットエイジア株式会社


2010 FIFAワールドカップ 「ベスト4」以上の成績予想は5.6%
サッカー経験者は60.9%が「一次リーグ敗退」と予想

 全国の20歳から39歳の男性1,000名を対象に「2010 FIFAワールドカップ」の日本代表の成績を単一回答形式で聞いたところ、58.5%が「一次リーグ敗退」と回答しました。岡田JAPANが目標に掲げる「ベスト4」以上の成績を予想した回答者は5.6%(ベスト4「3.9%」、準優勝「0.5%」、優勝「1.2%」の合計)にとどまり、シビアな意見が多数を占める結果となりました。サッカー経験別でみると、サッカー経験が有ると回答した方は「一次リーグ敗退(60.9%)」と予想しており、サッカー経験者ほど、より結果をシビアに想定している傾向があるようです。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


 次に、日本代表の一次リーグの成績を対戦相手別に単一回答で聞いたところ、対オランダ戦は「勝ち(12.6%)」「引き分け(19.4%)」「負け(68.0%)」、対カメルーン戦は「勝ち(22.3%)」「引き分け(32.2%)」「負け(45.5%)」、対デンマーク戦は「勝ち(27.1%)」「引き分け(31.7%)」「負け(41.2%)」という結果となりました。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


期待の選手「中村」「本田」「稲本」サッカー経験者は特に「本田圭佑」に期待
本田圭祐のイメージ「ビッグマウス」「無回転フリーキック」「金髪」

 全回答者1,000名に対し、2010 FIFAワールドカップで活躍を期待する日本代表選手を複数回答形式で聞いたところ、トップは「中村俊輔(46.6%)」、次いで、「本田圭佑(33.8%)」「稲本潤一(21.9%)」となり、MFに期待が集まっていることがうかがえる結果となりました。また、FW陣のトップは「平山相太(17.4%)」となり、「怪物平山」の覚醒を期待する声も多いようです。サッカー経験別でみるとサッカー経験者では「本田圭佑(52.3%)」「松井大輔(30.2%)」「遠藤保仁(29.7%)」が全体よりも10ポイント以上高い結果となりました。特に「本田圭佑」は未経験者より30ポイント以上高く、注目度の高さがうかがえます。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


 次に、本田圭祐のイメージを複数回答形式で聞いたところ、「ビッグマウス(22.2%)」、「無回転フリーキック(21.7%)」、「金髪(20.6%)」が上位順となりました。以下、「ガッツがある(17.9%)」、「屈強なフィジカル(16.6%)」、「強靭なメンタル(16.4%)」、「飽くなき向上心(16.1%)」、「物怖じしないコミュニケーション力(13.9%)」の順となりました。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


優勝国予想 本命は「ブラジル」サッカー経験者は「スペイン」「アルゼンチン」に期待

 2010 FIFAワールドカップの優勝国予想を単一回答形式で聞いたところ、トップは「ブラジル(30.6%)」、次いで、「スペイン(14.6%)」、「アルゼンチン(10.0%)」の順となりました。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


 サッカー経験別にみるとサッカー経験者では「スペイン(20.3%)」が未経験者よりも11.8ポイント高く、「アルゼンチン(12.4%)」が未経験者よりも5.0ポイント高くなるなど、サッカー経験者の間では、セスク・ファブレガス、フェルナンド・トーレス、カシージャスらを擁する『無敵艦隊スペイン』のワールドカップでの初戴冠を期待する声が多いようです。また、UEFAチャンピオンズリーグで大活躍しているFCバルセロナのリオネル・メッシ、メッシとリーガ・エスパニョーラで得点王争いを繰り広げているレアル・マドリッドのイグアインらの強力なアタッカーを擁するアルゼンチン代表が、「神の手」「5人抜き」などの逸話を生み出し1986年アルゼンチンに優勝をもたらしたディエゴ・マラドーナ代表監督のもと、再び戴冠を果たすと期待する声も多いようです。


「キャプテン翼」を見たことのある人の7割強が「キャプテン翼」好き
「キャプテン翼」の魅力は「サッカーをメジャーにした」57.5%
「キャプテン翼」の影響 30代サッカー経験者の6割が影響を受けた

 全回答者1,000名に対し、「キャプテン翼」を知っているかどうかを単一回答形式で聞いたところ、「漫画(ゲーム、アニメ)を見たことがある」81.7%という結果となりました。  次に、キャプテン翼を見たことがあると回答した817名に対して、キャプテン翼が好きかどうかを単一回答形式で聞いたところ、「好き73.5%(とても好き31.6%、ある程度好き41.9%の合計)」という結果となり、7割強が「キャプテン翼」が好きと回答しました。

 キャプテン翼が好きと回答した600名に対し、好きな理由を複数回答形式で聞いたところ、トップは「サッカーをメジャーにした(57.5%)」、次いで、「ライバルやチームメイトとの友情が印象的(44.8%)」、「キャラクターが魅力的(42.2%)」となりました。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


 サッカー経験別にみると、サッカー経験者では「サッカーの楽しさを教えてくれたから(43.6%)」が未経験者より23.8ポイント高く、また「勝利への執念と飽くなき努力が描かれている(36.8%)」が未経験者より11.9ポイント高いなど、実際にサッカーをプレイしていくうえで、強く共感する部分が多いことがうかがえます。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


 また、サッカー経験者516名に対して、サッカーを始めたきっかけとして、キャプテン翼の影響力を単一回答形式で聞いたところ、「影響があった49.8%(とても影響があった19.6%、ある程度影響があった30.2%の合計)」という結果となり、約半数のサッカー経験者がキャプテン翼に影響されていたことが分かりました。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


 年代別でみると、30代では「影響があった60.3%(とても影響があった26.3%、ある程度影響があった34.0%の合計)」となっており、1980年代の連載当時にサッカー少年だった現在の30代男性に大きな影響を与えていたことが分かりました。


最も好きなキャラクター「大空翼」
コンビを組みたいキャラクター「岬太郎」
敵に回したくないキャラクター「日向小次郎」
今の日本代表に欲しいキャラクター「大空翼」「日向小次郎」

 キャプテン翼を見たことがあると回答した817名に対し、「最も好きなキャラクター」「コンビを組みたいキャラクター」「敵に回したくないキャラクター」「日本代表にいま最も必要なキャラクター」「日本代表の司令塔として欲しいキャラクター」をそれぞれ単一回答形式で聞いたところ、「最も好きなキャラクター」は大空翼(35.0%)、岬太郎(20.7%)、日向小次郎(14.9%)となりました。続いて、「コンビを組みたいキャラクター」は岬太郎(41.9%)、大空翼(19.2%)、日向小次郎(8.2%)となりました。また、「敵に回したくないキャラクター」は日向小次郎(38.2%)、大空翼(27.3%)、若林源三(13.1%)となりました。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


 また、「日本代表にいま最も必要なキャラクター」は大空翼(42.7%)、日向小次郎(36.2%)、となりました。現在の日本代表には、強力なストライカーが必要と考えられているようです。「日本代表の司令塔として欲しいキャラクター」は大空翼(46.5%)、岬太郎(16.0%)、三杉淳(14.7%)という結果になりました。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


今の日本代表に欲しい必殺技は「ネオタイガーショット(日向)」
サッカー経験者は「ゴールデンコンビ(翼・岬)」「ごういんなドリブル(日向・次藤)」

 キャプテン翼のゲームで遊んだことのある431名にキャプテン翼のゲームに出てくる必殺技でいまの日本代表に欲しい必殺技を複数回答形式で聞いたところ、トップは「【必殺シュート】ネオタイガーショット(日向)」で53.6%、次いで、「【必殺シュート】ドライブシュート(翼)」51.5%、「【必殺シュート】タイガーショット(日向)」35.3%となりました。上位に必殺シュートがランクインしており、サッカー日本代表の決定力不足解消のためには『必殺シュート』が必要と考えられているようです。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


 サッカー経験別にみると、サッカー経験者では「【必殺コンビプレイ】ゴールデンコンビ(翼・岬)」が36.5%と未経験者より14.4ポイント高く、「【必殺ドリブル】ごういんなドリブル(日向・次藤)」が33.2%と7.9ポイント高くなるなど、決定機を創り出すためにコンビネーションやドリブルが必要と考えているようです。

サッカー芸人 ナンバーワンは「ワッキー」、
続いて「木梨憲武」「矢部浩之」

 全回答者1000名に対し、サッカーチームを立ち上げると仮定した場合に、スカウトしたいお笑い芸人を制限回答形式(3つ)で聞いたところ、トップは「ワッキー(ペナルティ)」で56.7%、次いで、「木梨憲武(とんねるず)」42.2%、「矢部浩之(ナインティナイン)」36.9%となりました。年代別でみると30代では「木梨憲武(とんねるず)」が51.8%と全体よりも9.6ポイント高い結果となりました。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


ライフネット生命について
URL : http://www.lifenet-seimei.co.jp/

 ライフネット生命保険は、相互扶助という生命保険の原点に戻り、「どこよりも正直な経営を行い、どこよりもわかりやすく、シンプルで便利で安い商品・サービスの提供を追求する」という理念のもとに設立された、インターネットを主な販売チャネルとする新しいスタイルの生命保険会社です。インターネットの活用により、高い価格競争力と24時間いつでも申し込み可能な利便性を両立しました。徹底した情報開示やメール・電話・対面での保険相談などを通じて、お客さまに「比較し、理解し、納得して」ご契約いただく透明性の高い生命保険の選び方を推奨し、「生命(いのち)のきずな=ライフネット」を世の中に広げていきたいと考えています。

ライフネット生命が行った調査リリース

お問い合わせ先

このニュースリリースに関するご質問などは、お問い合わせフォームよりお送りください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. >ニュースリリース 2010年
  2. :2010 FIFAワールドカップとキャプテン翼に関する意識調査

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

保険料をチェック!

カンタン!10秒であなたの保険料がわかります。

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2016 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.