ここから本文です

ニュースリリース 2009年

ライフネット生命、「新型インフルエンザに関する意識調査」

2009年7月2日

マスク売り切れ経験者 4人に1人
1枚当たりの購入限度額は95.2円
新型インフルエンザ第2波は11月に予想

 インターネットを活用して新しい生命保険サービスを提供するライフネット生命保険株式会社(URL:http://www.lifenet-seimei.co.jp/ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長 出口治明)は2009年6月18日~6月22日の5日間、10代~50代の男女に対し「新型インフルエンザに関する意識調査」をモバイルリサーチで実施し、1000名の有効回答を得ました。

調査概要

■ 調査タイトル新型インフルエンザに関する意識調査
■ 調査対象ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員を母集団とする
10代~50代の男女
■ 調査対象者の内訳
年代10代20代30代40代50代合計
男性100名100名100名100名100名500名
女性100名100名100名100名100名500名
合計200名200名200名200名200名1,000名
■ 調査期間2009年6月18日~6月22日
■ 調査方法モバイルリサーチ
■ 調査地域全国
■ 有効回答数1,000サンプル
■ 実施機関ネットエイジア株式会社


生命保険加入者は新型インフルエンザに慎重な姿勢

 10代から50代の男女1000名に対し、どの程度脅威を感じているのかを聞いたところ、新型インフルエンザに対し脅威を感じている人は全体で51.8%となることがわかりました。
 また、生命保険の加入者別でみると、生命保険加入者(722名)の場合、新型インフルエンザに対して脅威を感じている人は55.7%だったのに対し、生命保険未加入者(278名)では41.8%となり、生命保険加入者の方が新型インフルエンザに対して脅威を感じている人が13.9ポイント多いことがわかりました。
 また、新型インフルエンザ流行後、どのような行動をとったかについて生命保険の加入状況別でみると、生命保険加入者の場合「手洗い・うがいをこまめにするようになった」57.5%、生命保険未加入者の場合45.0%と、生命保険加入者の方が12.5ポイント上回り、「家族や友人などと新型インフルエンザについて話した」の項目では、生命保険加入者46.5%、生命保険未加入者35.3%となり生命保険加入者が11.2ポイント、「新型インフルエンザについてネットで検索した」では、生命保険加入者14.7%、生命保険未加入者9.4%と、こちらも生命保険加入者の方が5.3ポイント上回る結果となり、生命保険加入者の方が新型インフルエンザに対して、慎重な姿勢であることを推察できる結果となりました。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


マスク売り切れ経験者 4人に1人

 10代から50代の男女1000名に対し、新型インフルエンザ流行後のマスクの購入状況について尋ねたところ(単一回答形式)、全体でマスクを購入した人(「マスクを購入することができた(売り切れていることはなかった)」6.6%、「マスクを購入することができた(売り切れていることもあった)」17.5%の合計)は24.1%という結果になりました。
 また、「マスクの売り切れ」を経験した人(「マスクを購入することができた(売り切れていることもあった)」17.5%、「購入しようと思ったか、売り切れだった」6.7%)は全体の24.2%という結果となり、「マスクは購入しなかった(常備しているものがあった)」は38.6%、「マスクは購入しなかった(興味はなかった)」は30.6%という結果となっています。
 生命保険加入状況別でみると、生命保険加入者の方がマスクの購入経験率が高く27.6%となっており、生命保険未加入者は15.1%にとどまる結果となっています。
 次に、新型インフルエンザ流行後、「マスクを購入した」と回答した241名に対し、新たにマスクを購入した枚数を聞いたところ、全体平均で20.0枚となることが明らかとなりました。
 生命保険加入状況別でみると、生命保険加入者は722人中199名の人(25.8%)が新たにマスクを購入しており、購入平均枚数は21.3枚、生命保険未加入者は278名中42名の人(15.1%)が新たにマスクを購入、購入平均枚数は13.6枚であることがわかりました。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


新型インフルエンザの情報源は圧倒的に「テレビのニュース」

 10代から50代の男女1000名に対し、新型インフルエンザ流行後最も重視した情報源について聞いたところ、テレビ(ニュース番組)が62.7%となり圧倒的に多い結果となりました。2番目に多かった回答は「インターネット」12.2%、3番目は「テレビ(情報番組)」9.4%という結果となっています。
 また、日本政府としても新型インフルエンザの注意喚起を目的として、異例のテレビCMを放送しましたが、そのCMを「見た」と回答した人は69.1%という結果となり、さらに年代別でみると、10代での視聴経験率は54.5%にとどまっています。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


新型インフルエンザの第2波は11月にやってくる!?

 10代から50代の男女1000名に対し、新型インフルエンザの第2波はいつやってくると思うか(予測)について単一回答形式について聞いたところ、最も多かった回答は「2009年11月」で25.4%、2番目に多かった回答は「2009年12月」で18.8%、3番目に多かった回答は「2009年10月」で13.0%という結果となり、約6割の回答者が今年中に新型インフルエンザがやってくると回答しています。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


マスクの購入限度額 95.2円

 今後マスクの購入意向がある503名に対し、マスク1枚当たりの購入限度額を聞いたところ、マスクの購入額の全体平均は95.2円となることがわかりました。
 生命保険加入状況別でみると、生命保険加入者の購入限度額は98.3円なのに対し、生命保険未加入者では85.5円となっており、生命保険加入者の方がマスクの購入限度額が高くなっているようです。

クリックで画像拡大(新しいウィンドウが開きます)


ライフネット生命について
URL : http://www.lifenet-seimei.co.jp/

 ライフネット生命保険は、相互扶助という生命保険の原点に戻り、「どこよりも正直な経営を行い、どこよりもわかりやすく、シンプルで便利で安い商品・サービスの提供を追求する」という理念のもとに設立された、インターネットを主な販売チャネルとする新しいスタイルの生命保険会社です。インターネットの活用により、高い価格競争力と24時間いつでも申し込み可能な利便性を両立しました。徹底した情報開示やメール・電話・対面での保険相談などを通じて、お客さまに「比較し、理解し、納得して」ご契約いただく透明性の高い生命保険の選び方を推奨し、「生命(いのち)のきずな=ライフネット」を世の中に広げていきたいと考えています。

ライフネット生命が行った調査リリース

お問い合わせ先

このニュースリリースに関するご質問などは、お問い合わせフォームよりお送りください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. >ニュースリリース 2009年
  2. :ライフネット生命、「新型インフルエンザに関する意識調査」

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

保険料をチェック!

カンタン!10秒であなたの保険料がわかります。

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.