ここから本文です

よく分かる「共済」

こちらの保険商品は、ライフネット生命で取り扱っておりません。
一般的な概要をご案内しています。保険検討の際の参考としてご覧ください。

「小さい掛け金で最低限の保障」が魅力の共済

共済にも県民共済、こくみん共済、JA共済、coop共済と、いくつかの種類がありますが、小さい掛け金(2,000円程度~)で、最低限の死亡・医療保障が受けられる良さがあります。

共済と生命保険を比べるといくつかの特徴がありますので、ご紹介します。

共済の死亡保障だけでは、残された家族のための保障が足りない場合も

お手頃な掛け金が魅力的な共済ですが、一般的に共済で準備できる死亡保障は数百万から一千万円程度のものが主流です。

  • ※ JA共済は保障額が割と大きめです。

そのため、お子さまが生まれると共済だけでは十分な保障を準備できない可能性があります。お子さまが生まれたら、少ない保険料で大きな保障を得られる定期型の死亡保険などで準備することを考えましょう。

すでに共済に加入している人は、足りない分を新たに定期型の死亡保険で用意するという方法もあります。

共済は、死亡理由によってもらえる保障金額が違います

一般的に共済の保障内容は、死亡理由(交通事故、不慮の事故、病気等)によって支払われる金額が異なることがひとつの特徴です。

死亡理由によってもらえる金額が異なることや、お子さまが生まれたら保障が足りなくなる可能性があることを踏まえ、生命保険に切り替えるなどして足りない保障を補う必要がないか検討しましょう。

お子さまが生まれたら、大きな死亡保障が必要です。目安は3,000万円。

お子さまが生まれたら基本的に3,000万円の死亡保障が必要になります。共済の保障内容だけでは不足することも考えられるので、妊娠・出産は生命保険を検討するタイミングです。

保険料シミュレーション
  • 保険料シミュレーション
  • 資料請求
  • ライフネット生命のココが知りたい

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

カンタン保険料見積り

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.