ここから本文です

よく分かる「学資保険(こども保険)」

こちらの保険商品は、ライフネット生命で取り扱っておりません。
一般的な概要をご案内しています。保険検討の際の参考としてご覧ください。

学資保険(こども保険)は、貯蓄性の高さが大きな特徴です

学資保険(こども保険)は、教育費を積み立てるために設計された、お子さまの教育資金を確保することを目的とした貯蓄性のある保険です。主に次のような特徴があります。

  • 保険料が積み立てられ、保険期間の満期を迎えると、満期保険金が受け取れます
  • 進学時にお祝い金が受け取れます
  • 契約期間中に契約者である親(父母どちらか)が亡くなった場合、以降の保険料の支払いが免除されます

中には、お子さまの万が一のときや入院時に保険金や給付金が出る「保障型」の学資保険(こども保険)もあります。保障型の学資保険(こども保険)は、保障の分、保険料が上乗せされて貯蓄性が低くなりますから、払込保険料総額よりも保険金額が小さくなります。

お子さまが大学に進学したり卒業したりするまでの長期の契約になります

貯蓄性の高い学資保険(こども保険)は一般的に、17歳、18歳といった大学進学時、また、22歳の大学卒業時に満期を迎えるように設定されています。

20年近くにおよぶ長期の契約となりますから、家計の状況や経済状況の変化に対応しながらでも、保険料を払い続けられるかどうかをしっかりと確認しましょう。

  • 1. 住宅購入を控えていませんか?
  • 2. お子さまが増える予定はありませんか?
  • 3. 収入を支える方の転職・離職予定などはありませんか?

中途解約をしたときの解約返戻金は、払込保険料の総額よりも少ない

学資保険(こども保険)のような積み立て型の保険商品は、契約途中で解約をした場合、払い込んでいた保険料の総額よりも、戻ってくるお金が少ない場合がほとんどです。学資保険(こども保険)はお子さまが20歳を迎えるころまでの長期の契約になることと、中途解約時のデメリットをしっかりと認識したうえで、加入を検討しましょう。

お子さまが生まれたら、ファミリーに必要な保障を

学資保険(こども保険)は、教育費をためるための強制貯蓄として活用するには便利な保険商品です。ただし、子どもが生まれたら世帯主の万が一にも備える必要が出てきます。

ライフネット生命は、確かな備えを適正な価格で提案しています。保険選びの際の検討材料として、ぜひご活用ください。

  • 保険料シミュレーション
  • 資料請求
  • ライフネット生命のココが知りたい

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

カンタン保険料見積り

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.