ここから本文です

お知らせ 2016年

熊本地震により被災されたみなさまへ(お知らせ)[2016/9/1更新]

2016年4月15日

熊本地震により被害を受けられたみなさまに、謹んでお見舞い申し上げます。被災地域のみなさまのご健康と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

当社では、今回の地震により、災害救助法が適用される地域で被災されたご契約者のみなさまに対して、下記の対応をさせていただきます。

災害救助法適用市町村(2016年4月28日 現在)

  • 熊本県:
    • 熊本県下の全45市町村
なお、今後適用地域が拡大した場合は、同様の措置を取ることとします。
「災害救助法の適用について」は、内閣府のホームページにも掲載されています。

災害救助法適用地域の特別取扱いについて

1. 保険金・給付金のお支払い

約款に定めている地震等による特例条項(支払免除、削減支払)は適用せず、お支払い事由に該当する場合には、各種給付金の全額をお支払いいたします。

なお、定期死亡保険「かぞくへの保険」の死亡保険金・高度障害保険金には地震等による特例条項がありませんので、通常通り全額をお支払いいたします。

2. 保険金・給付金の請求手続き

ご契約者さま、受取人さまからのお申し出により、必要書類(請求書類)を一部省略する等、簡易な取扱いをさせていただきます。

必要書類については、ご請求時にご案内させていただきます。ご請求は、お電話またはマイページで承っております。

3. 入院給付金のお取扱い

本来入院による治療が必要な状態であったものの、病院等の事情により入院できず、臨時施設等で医師の治療を受けられた場合は、本来必要であった入院期間について医師の証明書等をご提出いただくことで、その期間についても入院としてお取扱いし、入院給付金をお支払いいたします。

4. 保険料の払込み猶予期間延長

2016年10月31日までの取扱い

ご契約者さまからのお申し出により、保険料払込み猶予期間を最長で2016年10月31日まで延長させていただきます。

また保険料が通常の払込み猶予期間内に払い込まれない場合には、払込み猶予期間延長のお申し出がない場合でも、猶予期間の延長が可能な期間(最長で10月31日まで)は保険契約が失効しない取扱とさせていただきます。

なお保険料払込み猶予期間経過後もご契約の継続を希望される場合は、猶予期間内に保険料をお支払いいただくことが必要です。詳しくは下記のフリーダイヤルにお問い合わせください。

2016年11月1日以降の取扱い

保険料払込猶予期間中(最長2016年10月31日まで)に延長の申し出をいただいたご契約につきましては、最長2017年5月31日まで保険料払込猶予期間を再延長させていただきます。

保険料払込み猶予期間の再延長後もご契約の継続を希望される場合は、猶予期間内に保険料をお支払いいただくことが必要です。詳しくは下記のフリーダイヤルにお問い合わせください。

なお、保険料が通常の払込み猶予期間内に払い込まれず、払込み猶予期間延長のお申し出がない場合も猶予期間の延長が可能な期間(最長で2016年10月31日まで)は、保険契約が失効しない取扱とさせていただいておりましたが、当取扱いの再延長はございません。

5. 保険料の払込免除

約款に定めている地震等による特例条項(保険料の払込免除を行わないこと)は適用せず、保険料の払込免除の対象となる状態(例:1眼の視力を全く永久に失った)になった際には保険料の払込免除を取扱います。


お問い合わせ窓口
コンタクトセンター

フリーダイヤル0120-205566

受付時間:平日9時~22時、土曜日9時~18時(年末年始、日曜、祝日は除く)

お問い合わせ先

このお知らせに関するご質問などは、お問い合わせフォームよりお送りください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. >お知らせ 2016年
  2. :熊本地震により被災されたみなさまへ(お知らせ)[2016/9/1更新]

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

保険料をチェック!

カンタン!10秒であなたの保険料がわかります。

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.