生命保険は見直すことで月々の保険料を大きく節約できます!

保険は万が一のときに、あなたやあなたの家族を守ってくれる大切なものです。しかし、過剰な保障や本当は必要としていない保険によって家計を圧迫してしまっては、元も子もありません。生命保険は見直すことで、大きく節約できることもありますので、家計を見直すならまずは「保険の見直し」からはじめましょう!

保険を見直したら
年間75,408円相当節約できました!

ライフネット生命で保険を見直して、保険料が削減できた方の平均削減額
現在、ご加入中の保険の内容については、必ず加入先の保険会社に確認してください。安易な解約や乗り換えはせず、ご自身のニーズに合った保障かどうか、まずは保障の理解に努めてください。

必要な保障に絞ると保険料もスッキリ!

必要最低限の保障にすると、保険料を大きく節約することができます。まずは、よくある見直しのケースをご覧ください。あてはまった方は、ぜひ保険の見直してみてください。

お手頃な保険料を体験!

保険料を見積もってみる

ちょっと気になる!?
あの人の保険料は、どれくらい?

他の人はどれくらい保険料を払っているのか気になったことはありませんか?家族構成や保険に対する考え方で、保障内容や保険料は大きく変わってきますが、平均的な数字を把握することで、保障内容を決めるのに役立ちます。

出典:生命保険文化センター平成25年度「生活保障に関する調査」年間払込保険料は、民間の生命保険、郵便局、JA(農協)、生協・全労済が対象。医療保険やがん保険、個人年金保険など全生保の保険料を含む。 一時払い・頭金の保険料は除く

次は具体的な生命保険の見直し事例を確認!

家計の節約は毎月必ず出て行く「固定費」の見直しから行いましょう!なかでも保険の見直しは、いまの生活スタイルや生活の質を大きく変えることなくできるものなで、手をつけやすいといえます。ここでは、よくある生命保険の見直し事例をご用意しましたので、参考にしてみてください。

ライフネット生命で見直した場合の

保険料を見積もってみる

知らなかった!
保険見直しのタイミングは「いま」!

保険の見直しのタイミングには、ライフステージの変化があった場合に行うことが多いと言われています。しかし負担が重い保険料のままライフステージが変わるまで待つのもおかしな話です。見直しは早ければ早いほど、効果も高くなります。だからタイミングは「いま」なんです!

思い立ったとき!

生命保険の見直しのベストタイミングは、「思い立ったとき」です。そういえば、自分の保険どうなっているんだろう?と気になったらできるだけ早く見直すことがもっとも大切です。やはり生命保険の見直しは、早ければ早いほど効果がありますので、生命保険のことが気になったら、見直しのチャンスということを忘れないでください。

結婚したとき

結婚して大切なパートナーができたら、あなたに万が一のことがあったとき、残されたパートナーのために死亡保障のことなどを考える必要がでてきます。もしあなたが亡くなったら、パートナーは自立した生活を送るのか、実家に帰るのか、など、そんなことを夫婦で話し合ってみることが必要です。

子どもが生まれたとき

新たな家族として子どもが生まれることは、とても嬉しいことです。しかし、家族が一人増えれば当然生活費も増えることになります。さらにあなたに万が一のことがあったときの保障額も増やす必要があるでしょう。若いうちは誰しも死や病気には無縁だと考えがちです。しかし何かが起こってからでは取り返しはつきません。しっかりパートナーのこと、お子さまのことを考えて必要な保障を準備しましょう。

住宅を購入したとき

マイホームの購入の際に多くの方が住宅ローンを組むと思います。ほとんどの住宅ローンには「団体信用生命保険」という保険が付随しています。これは住宅ローンの支払いの途中で契約者が亡くなった場合、それ以後の住宅ローンの支払いを免除するというものです。この保険によって住宅ローンのための分の生命保険の保障額を減らすことができます。

子どもが独立したとき

最後の見直しのチャンスは、子どもが独立したときです。それまでは万が一のことがあっても家族全員が生活を維持することが目的でしたが、子どもの独立後は、夫婦二人が安心して過ごすための保障が目的となります。この時期の保険の見直しに重要なポイントは健康状態です。健康状態に問題があると、新たに保険に加入することができなかったり、加入することができても、割高な保険料の保険にしか加入できなかったりします。

思い立ったらまずは

保険料を見積もってみる

やっぱり!
専門家にじっくり相談するのが一番!

必要な保障は、家族構成や保険に対する考え方で大きく異なります。自分にあった保険選びはカンタンではありません。保険の見直しを思い立ったらまずは、専門家に聞いてみることをおすすめします。

ライフネット生命なら

3つ星最高ランクのコンタクトセンターが対応します

HDI格付けベンチマークにおいて最高評価の3つ星を獲得

世界最大のサポートサービス業界団体HDI(ヘルプデスク協会)の日本法人HDI-Japanが主催する、2016年「HDI格付けベンチマーク(生命保険業界)」において、ライフネット生命が「問合せ窓口(コンタクトセンター)」で2012年より5年連続で最高評価の「3つ星」を獲得しました。

お電話でのご相談

初めて生命保険に加入する方も、保険の見直しを考えている方も、お客さまのご要望や将来のお考えに合わせて最適なプランをご提案いたします。まずはお気軽にお電話ください。

メールでのご相談

すぐに開設できる「マイページ」を使って保険プランナーにメールで相談できます。ちょっとした疑問はもちろん、お電話が苦手な方におすすめです。

現在ご契約されている保険契約の解約を前提に、新たな保険契約の申込を検討される場合には、下記の点にご注意ください。

  • お客さまの健康状態などにより、新たに保険に入り直すことができない場合があるため、保険を解約して新たな保険に入り直す際には、新たな保険契約のお引き受けの結果が判明した後に解約の手続きを行ってください。
  • 保険を解約すると保障がなくなります。解約後に契約をもとの状態に戻すこと(復活)はできません。
  • 新たな保険は、解約した元の保険とは別の契約となります。 そのため、新たな保険については責任開始日が変わるとともに、免責期間はゼロからの開始になりますのでご注意ください。
  • 保険を解約した場合

    • たとえば、ご加入からの経過年数によっては解約控除などが適用され、多くの場合、解約返戻金は払込保険料の合計より少ない金額となります。
    • 特別配当請求権など、一定期間の保険契約の継続を条件に発生する配当の請求権を失う場合があります。
保険料を見積もってみる
ライフネット生命コンタクトセンター
人生に、大切なことを、わかりやすく。
[通話無料] 携帯電話、PHSからもご利用可能
[受付時間]
平日9時~22時/土曜9時~18時(年末年始、日曜・祝日は除く)
※お電話の内容はお客さまからのご質問やご要望などを正確に把握するため、通話内容を録音しておりますので、あらかじめご了承ください。
Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.