ここから本文です

よくあるご質問(FAQ)

定期療養保険「じぶんへの保険プラス」(がん・先進医療保障付き)の場合、同じ入院期間であっても、同月中の入院と月をまたぐ入院とでは給付金に違いがありますか?(FAQ)

質問

定期療養保険「じぶんへの保険プラス」(がん・先進医療保障付き)の場合、同じ入院期間であっても、同月中の入院と月をまたぐ入院とでは給付金に違いがありますか?

回答

定期療養保険「じぶんへの保険プラス」(がん・先進医療保障付き)の場合

入院期間が月をまたぐ場合は、それぞれの月で上限額が適用になります。

入院療養給付金、外来療養給付金の支払額には上限があり、外来療養給付金のみで1ヶ月(1日~末日)あたり5万円、入院療養給付金と外来療養給付金を合算して1ヶ月(同上)あたり10万円です。

例)入院期間が20日間のケース

(1)同月中の入院だった場合(例:9/1~9/20)

入院期間中の診療報酬点数を80,000点とすると、入院療養給付金は80,000点×3円で、240,000円になります。ただし、入院療養給付金は1ヶ月(1日~末日)10万円という上限があるため、お受け取り金額は10万円になります。

(2)月をまたぐ入院だった場合(例:9/21~10/10)

仮に、9月と10月の診療報酬点数がそれぞれ40,000点だった場合、各月の入院療養給付金は40,000点×3円=120,000円となります。

  • 9月⇒40,000点×3円=120,000円
  • 10月⇒40,000点×3円=120,000円

ただし、入院療養給付金は1ヶ月(1日~末日)10万円という上限があるため、お受け取り金額はそれぞれ10万円になります。

両月について上限額まで給付金が支払われますので、お受け取り金額の合計は20万円になります。

このように受け取る給付金額に違いはありますが、公的な高額療養費制度も毎月(1日~末日)単位で自己負担上限額が決められていますので、月をまたぐ入院の場合は同月中の入院の場合よりも医療費の自己負担分を多く支払うことになります(このケースでの高額療養費制度(年収約370万~約770万円の方の場合)適用後の自己負担は、月をまたぐ場合には月額約9万円×2ヶ月分ですが、同月中の場合には月額約9万円×1ヶ月分となります)。

月をまたぐ入院の場合には入院療養給付金額(収入)は多くなりますが、実際に医療機関に支払う医療費の自己負担分(支出)も多くなります。

このほかの給付金お受け取り例については、商品ページをご覧ください。

カンタン見積り
資料請求
あなた保険選びをお手伝いします! 保険相談サービスのご案内

疑問点などありましたら、お気軽にお問い合わせください
保険相談、保険の申し込み、ご契約内容などに関するお問い合わせ

フリーダイヤル0120-205566

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)
※日・祝は保険相談のみの受付となります。

カテゴリーで探す

FAQのトップに戻る

  1. >よくあるご質問(FAQ)
  2. >生命保険商品について
  3. :定期療養保険「じぶんへの保険プラス」(がん・先進医療保障付き)の場合、同じ入院期間であっても、同月中の入院と月をまたぐ入院とでは給付金に違いがありますか?(FAQ)

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

カンタン保険料見積り

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.