ここから本文です

よくあるご質問(FAQ)

質問

公的な医療保険制度について、いったいどのような制度なのか教えてください。

回答

日本では、すべての国民が何らかの公的な医療保険制度に加入し、病気やケガをした場合などに様々な給付が受けられるようになっています。

公的な医療保険制度により、病気やケガで入院や手術をした場合に、病院などの窓口に保険証を提示することで、医療費の7割の給付(自己負担額は3割、一定の年齢の方を除く)を受けることが可能です。

また、『高額療養費制度』という医療費の自己負担を軽減する制度もあります。病院などで支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。

公的な医療保険制度により、我々は安心して医療を受けられているわけですが、それでも治療が長くなったときの自己負担分や、そもそも公的な医療保険制度の対象とならない費用などによる経済的負担は避けられません。

そのため、民間の医療保険は、自己負担分や公的な医療保険制度の対象とならない費用に備える、という目的で活用されることをおすすめします。

カンタン見積り
資料請求
あなたにぴったりの保険選び
あなた保険選びをお手伝いします! 保険相談サービスのご案内

疑問点などありましたら、お気軽にお問い合わせください
保険相談、保険の申し込み、ご契約内容などに関するお問い合わせ

フリーダイヤル0120-205566

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)
※日・祝は保険相談のみの受付となります。

カテゴリーで探す

FAQのトップに戻る

  1. >よくあるご質問(FAQ)
  2. >生命保険商品について
  3. :公的な医療保険制度について教えてください(FAQ)

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

保険料をチェック!

カンタン!10秒であなたの保険料がわかります。

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.