ここから本文です

デグチがWatch

デグチがWatch 生命保険業界のオピニオンリーダー・出口治明が、生保について鋭くやさしく語ります!

3回目のファミリーDAY

投稿者:
出口治明

去る8月23日(木)、学校が夏休みの平日に、3回目の「ライフネットファミリーDAY」を開催しました。このイベントは、スタッフの家族やパートナーを招待して手作りで行っている、いわば会社の参観日です。今年で3年目を数え、89人のスタッフの中で、大人14名とお子さん22名の出席をいただきました。

ライフネットファミリーDAY

今回は、副社長の岩瀬が「ライフネットせいめいのおしごと」と題して主に小さなお子さん向けの会社紹介をおこなったのですが、お父さんやお母さんの仕事風景が出てくるユニークなプレゼンテーションが大変喜ばれました。その後、恒例である賑やかな社内見学では、スタッフ手作りの名刺を持ったお子さんたちと僕や岩瀬が名刺交換をおこなう楽しいひとコマもありました。

お楽しみのランチの時間は、ライフネットのロゴマークが入ったサンドウィッチを、今年はピクニック形式で、みんなでいただきました。その後、いつものように、スタッフ手製のかき氷やバルーンアートなどで、お子さんたちは大はしゃぎ。一日保育園のような賑やかさに、自分の家族が参加していないスタッフも、入れ替わり立ち替わり立寄っては目を丸くし、談笑していました。

さて、いつも申し上げていることですが、僕は、ライフネット生命の競争力の源泉は、スタッフが明るく楽しく元気に働くところにあると思っています。それはとりもなおさず、スタッフを取り巻く身近な人々の理解や支えが欠かせないということでもあります。今回、参加されたみなさんからは、スタッフがいつも働いている環境や、どんな同僚と働いているのかを知ることができて良かったと、多くの感想をいただき、大変嬉しく思っています。

加えて、ライフネット生命が何よりも大切にしていることに、ダイバーシティがあります。これは、世界には多様な人がいて、多様な考えがあるということをお互いに尊重しようということです。ですから、ライフネット生命のファミリーDAYには、家族に限らずパートナーや大切な人も連れてきてくださいと伝えています。そして家族を持つスタッフでも、当然、色々な考え方や事情があり、ファミリーDAYに家族を連れてこない人もいます。僕は、そうした1つの考えに縛られない姿を大変誇りに思っています。

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

カンタン保険料見積り

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.