ここから本文です

デグチがWatch

デグチがWatch 生命保険業界のオピニオンリーダー・出口治明が、生保について鋭くやさしく語ります!

第11回ふれあいフェアを開催しました

投稿者:
出口治明

6月18日(土)午後2時から、ライフネット生命本社で、第11回「ふれあいフェア(お客さまとの集い)」を開催しました。当日は不順な天候にもかかわらず、お子さまを含む21名のご契約者さまにご参加いただきました。中には、はるばる栃木県から来られたお客さまもいらっしゃいました。お越しいただいた皆さまに改めて厚く御礼申し上げます。

ふれあいフェアでは、最初に、最近の業績など経営の状況について僕から説明し、そのあと、マーケティング部長の松岡から、ライフネット生命のマーケティングの考え方について説明させていただきました。

私たちは、マニフェストに謳っている通り、「わかりやすく安くて便利な商品・サービスの提供」に全力を注いでいますが、一方で、インターネットの中にしか店舗がないわけですから、ライフネット生命という会社があるということを、広く皆さんに認知していただかなければならないという課題を抱えています。

安い保険料で保険商品を提供することと認知を高めるためのお金がかかる宣伝活動の2つは相反します。この二律背反にチャレンジし続けることが当社の最大の経営課題の1つであり、効率性を考えたうえでのテレビコマーシャルはそういったチャレンジの一環です。この点については、昨年もこのコラムに書きましたので、読んでみてください。

後半は恒例となった社内ツアーを行い、僕の部屋や職場の様子を見ていただきました。そして、休憩をはさんで質疑応答の時間を設けさせていただきました。

印象に残ったのは「友人にライフネット生命を薦めたいが、まだ赤字企業なので、将来大丈夫かと聞かれたときにうまく答えられない」というご質問でした。当初にシステム構築など膨大な費用がかかりますので、どの生命保険会社も黒字転換には5年から10年はかかっているのですが、改めて、新設会社としてそういった点をわかりやすくお客さまに伝えていくことの重要性を痛感しました。

また、お客さまから「周囲に薦めたいので大きい名刺をください」と言われた時は、嬉しくて本当に感激しましたし、「保険料を半分にして安心して赤ちゃんを産んでほしい」と願って起業した会社ですので、小さいお子さま連れのお客さまが来てくださったことも大きな喜びでした。

赤ちゃん連れの方が利用できるよう別室も設けていますので、次回も、どうぞご家族でお出でいただければと思います。皆さん、どうもありがとうございました。引き続き、ライフネット生命をどうかよろしくお願い申し上げます。

  1. >デグチがWatch
  2. :第11回ふれあいフェアを開催しました

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

カンタン保険料見積り

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.