ここから本文です

デグチがWatch

デグチがWatch 生命保険業界のオピニオンリーダー・出口治明が、生保について鋭くやさしく語ります!

2010年2月

ライフネット生命の新商品、就業不能保険「働く人への保険」の販売を開始しました

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

ライフネット生命を2008年に開業して以来、副社長の岩瀬と2人で、全国の皆さんの生の声をできるだけ聞こうと努めてきました。開業後の22ヶ月で、おそらく150か所以上は周ったように思います。「保険料を半分にして安心して赤ちゃんを産んでほしい、という起業の動機に共感する」、「マニフェストがとてもいい」など、多くの励ましの言葉をいただきました。そのような皆さんの思いが、ライフネット生命の伸びを支えて下さっているのだと思います(参考 : 保有契約 2万件を突破のニュースリリース)。

一方で、「1人暮らしなら、死亡保険は必要ない。だけど、働けなくなった時、誰が支えてくれるのかとても不安だ」、「自分がもし事故に遭い、命を落とさずにすんだとしても、重い障害が残ったら、家族も働けなくなるし、収入も途絶えるのでとても心配だ」といった切実な声も同時にうかがいました。また時には、「ライフネット生命は独立系でしがらみもないのだから、どこの保険会社も出していない新しい商品にチャレンジしてほしい」というエールもいただきました。

私たちライフネット生命は、皆さんのこうした声を真正面から受け止め、一所懸命、みんなで知恵を絞って、商品の形にしようと頑張ってきました。新商品、就業不能保険「働く人への保険」は、皆さんの思いに対する私たちライフネット生命の1つの答えです。ぜひ、皆さんの口コミで、ツイッターで、ブログでこの新しい商品を広めてください。どうか、よろしくお願いします。

続きを読む

ライフネット生命、開業以来初の新商品を発売します

投稿者:
出口治明

2月10日にライフネット生命、開業以来初の新商品、就業不能保険「働く人への保険」について金融庁より認可をいただきました。

ライフネット生命は「保険料を半分にして、人々が安心して赤ちゃんを産み・育てられる社会をつくりたい」という思いからスタートした会社です。
私たちの思いがお客さまに受け入れられたのでしょうか、幸いにして、保有契約は伸び続けています

私たちは、開業以来、さまざまな場でできるだけ、お客さまの声に耳を傾けてきました。その中で、私が強い印象を受けたのは 「ひとり暮らしの人が増えている中で、働けなくなった場合の不安を取り除いて欲しい」というお客さまの切実な思いでした。

米国やドイツで売られている就業不能保険は、まだ、わが国ではそれほど普及していません。しかも、既存商品は、団体保険が大半を占めており、給付金の支払いにも例えば5年間などの期限が設けられています。
私たちは、普通の市民・消費者のみなさまに、安心して働いていただけるよう、生命保険では日本で初めて65歳の公的年金支給時まで給付金を払い続けることができる本格的な個人向け就業不能保険を開発しました。

「しがらみのないライフネット生命らしく、どこにもない商品を創って欲しい」というお客さまの声が支えとなっています。
ライフネット生命は、少子高齢化を迎えるわが国の現状を直視し、カップルであれ、ひとり暮らしであれ、 それぞれの人が多様な生き方にチャレンジできるよう、マニフェストで宣言した「わかりやすく安くて便利な商品の提供」を通じて、一所懸命応援して参りたいと考えております。

どうか、よろしくお願い申し上げます。

続きを読む

まずはお気軽にお電話ください

どんなささいなことでもお聞きください。お客さまがご納得いただけるまで経験豊富な保険プランナーがご相談に乗ります。

受付時間:平日9時~22時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

カンタン保険料見積り

人生に、大切なことを、わかりやすく。
ライフネット生命保険株式会社

Copyright©2017 LIFENET INSURANCE COMPANY All rights reserved.