• 閉じる

給付金ご請求者のホンネを聞きました。 ライフネット生命で、実際に給付金を受け取った方に聞きました。

給付金ご請求者の声

中野 和也さま (仮名:54歳)

請求をしたら不便を感じることなく
しっかり支払ってもらえました。

子どもの人数
1人
請求理由
消化器系のご病気による入院
ご加入の保険
終身医療保険「じぶんへの保険」※
(入院給付金日額:10,000円、1入院の支払限度日数:60日、手術給付金:なし)
定期死亡保険「かぞくへの保険」(保険金額:1,000万円、保険期間:10年)
お受け取り金額
  • 入院給付金合計 80,000

※終身医療保険「じぶんへの保険」は2014年4月末をもって販売を終了いたしました。

どうしてライフネット生命の保険にしようと思われたのでしょうか

もともと保険会社に入っていました。2社あって、1社は大学生のときに、もう1社は社会人になったときに加入しました。でも、中年以降になってから、家族のことを考えると違う保険にも入っておいたほうがいいのかなと思い、テレビCMがおもしろいライフネット生命にしたのです。テレビ番組で出口社長のお話を見たり聞いたりする中で、社長のしっかりとした考えや理念のもとにつくられた会社なのだなと感じたのも、選んだ理由です。

申し込みのときに不安はありませんでしたか?

私は、ライフネット生命に入ろうと思ってからウェブサイトを見たので、そこまで不安はなかったのですが、そのウェブサイトが定期的に更新されていて、安心感がありました。
一般的には、保険の本来の目的である保障性よりも、金融商品として貯蓄性が強い保険が多いと思います。そうなると、後々に利回りが悪かったり、予想と違ったり、不満も出てきてしまいますよね。その点、ライフネット生命さんは、保険は保険、貯蓄は貯蓄という位置づけが明確でしたから、必要な保険に適正な保険料で入れるので、入りやすかったですね。

実際に給付金を請求してみて、どうでしたか?

実際に請求した際、不安や不便を感じることはそんなになかったです。ただ、実際に病気になったときに「この病気については支払い対象になりません」なんてことがあるのではないか、と不安でした。
でも、それも杞憂で、請求をしたら不便を感じることなくしっかり支払ってもらえました。
また、年に数回、メールや手紙で連絡がもらえると、ちゃんと契約が続いていることの確認になるので、安心できます。
あまりにコンタクトが多いとうるさく思いますが、その辺の頻度が丁度いいですね。若い子にも勧めていますよ。

[インタビュアー]お申し込みサポート部 向井 純太郎

出口が出演していたテレビ番組がきっかけで
ライフネット生命の保険を選ばれたという中野さま。
今では周りの方にもライフネット生命の保険をおすすめくださっているそうです

  • ※ お客さま個人の感想です。なお、感想内の保険サービス(診断書提出不要など)については
    利用できない場合もあります。事前にFAQをご確認ください。
  • ※ 内容はすべてインタビュー当時のものです。

保険のこと・ライフネット生命のことがよくわかる!

資料請求はこちら

  • お申し込みはこちら
  • かんたんお見積り
  • 閉じる